<現在、ホームページ改装中です。>

次回2011年春出産予定分の子犬予約を受け付けています。
詳細はお電話をお願いします。

国内のアイリッシュウルフハウンドの多くは、アイルランド・ヨーロッパ系の血統をベースとしており、国内飼育頭数が少ないため近親交配による遺伝的な問題が非常に心配されますが、当犬舎では母犬を輸入が非常に難しい米国から輸入し、近親交配の問題を解消しています。

両親犬とも非常に温厚で小型犬に咬まれても怒ることすらありません。子犬の性格は遺伝の影響が大きいと言われていますが、子犬の性格形成で大切な社会化期を両親犬、兄弟姉妹犬と過ごさせるため、当犬舎としては生後100日以降の引渡しをお勧めします。


母犬マラネロと子犬達(前回出産時)

父犬:CHABBY IKKI OF ONE HOPE JP(呼称:アストン)
母犬:HEARTFORD HOUNDS MARANELLO(呼称:マラネロ)



父犬アストンと柴犬


母犬マラネロ(左)と妹犬モデナ(右)


アイリッシュウルフハウンド専門 JKC / AKC 登録犬舎
 
Regialucis -レジアルシス-
〒470-1127 愛知県豊明市三崎町ゆたか台33番地13
TEL/FAX: 0562-93-3658 (BB Phone)
TEL: 090-4261-7321 (SoftBank)

アイリッシュウルフハウンド専門犬舎
Regialucis